鶴丸その10 ダブルタイトル(H.Masuiさん命名)

c0146215_0235556.jpg

あったあったで、H.Masuiさん。
アエロフロートとの共同運航便。
当時、シベリア経由でヨーロッパへ行くには、これに乗るしかなかった。
他は、みんなアンカレジ経由。
南周りで飛んで行く人もいた。
c0146215_17201910.jpg

[PR]
by airplanebug | 2008-04-15 00:26 | 鶴丸 | Comments(7)
Commented by H.Masui at 2008-04-15 06:59 x
ヒエェ~,ホントに出てきたヽ(^。^)ノ
それも二重反転プロペラ4つも付いてるし\(^o^)/
これでVSに鶴丸ついてたらお宝鑑定団!?
なんか,どんなムチャクチャなリクエストしても出てきそう。

ところで,こういうの正式な名称(正しい名称?)ってなんて言うんやろ?。。
Commented by 梶やん at 2008-04-15 22:55 x
こんばんは。
相変わらずえげつないお宝写真のオンパレード。

東側の機体に鶴丸、JALのロゴ。
もしかしたら最初で最後?
いずれにしても歴史的資料としての価値も充分ですね。

えげつないとえば・・・米国のメガキャリアの合併。
ハイブリッドなんかではなく、完全にニューカラーになったら・・・と思ったりします。
Commented by つがみ at 2008-04-16 00:20 x
H.Masuiさん、命名ありがとう。
日航機に他社マーキングっちゅうのは記憶にないです。はて?

梶やん、おつかれさまです。
このツポレフ号は、確かに歴史的な飛行機でしょう。
ジェット並みの速度を誇っていました。
わざわざ後退角のついた翼で。
ものすごいボリュームの音と真っ黒な煙が記憶にあります。
うむむ、米社の合併ですね。
赤い尾翼の運命やいかに。
両社ともいつでも見られる→普段まじめに撮らない→あとであわてる、のパターンかも。
Commented by らく at 2008-04-17 00:43 x
仕事から戻ってようやく一服中です。びーるがうまい。

それにしても、ものすごい写真の数々ですね。つがみさんの残してこられた歴史は、私の予想をはるかに超えてました。
タラップでの乗り降りはほんとに風情がありますよね。大好きです。
この頃のデッキは、何時間いても飽きなかったんだろうなぁ・・・

これからも、かなり期待しています。
そういう自分も、赤い尾翼の証拠写真をフィルムに残さねば。

ps. 737-700の松山行き、理想的な色でてますね。これもPLありですか?
Commented by つがみ at 2008-04-17 10:07 x
らくちゃん、おつかれさまです。
ほんとにものすごい数の「おんなじ写真」が残っています。
ちゃんと整理してないので、何か必要な時にはイチから発掘です。
これもまた楽し、ですけど。
この羽田のデッキは、おっしゃる通り終日飽きないところでした。
が、ビジが悪い(いまでもそうですけど)ことが多く、遠くの飛行機をシャープに写した写真が少ないです。
らくちゃんの大きなフィルムに残した写真は、きっと時が経つほど値打ちがでてくることでしょう。期待してます。
*737-700松山行きもPLかけてまっせ。
きれいですけど、肉眼で見たよりきれい。
Commented by qchan1531 at 2008-04-20 05:00
これはかっこいいですね。この当時共同運航とは。。
もっと早く気づいておれば鶴丸もなくならずに。。。意味が違いますね。
この機体のデザインはいまでも十分に通用するとおもうのですが。。。
Commented by airplanebug at 2008-04-20 20:12
qchan1531さん、こんばんは、
アエロフロートと言えば、元日航のDC10ユーザー。
あれ鶴丸を残したら良かったね。
<< NCA 鶴丸その9  羽田の旧ターミナル >>