練炭の炎は、一瞬

土曜の練炭ジェットは、思いがけず大きな反響でした。

この連続ショットをご覧ください。
c0146215_1443316.jpg

c0146215_14434471.jpg

c0146215_1444013.jpg

撮影時刻を表示しました。
スロットルを開けて戻す過程で起こった不思議な現象。
メカニズムは解明されるでしょうか。
[PR]
by airplanebug | 2010-05-31 14:47 | 夜な夜な | Comments(4)
Commented by goodfly at 2010-05-31 19:41
練炭ショット、空飛ぶ鉄の塊アンチな方にはこれって大丈夫なん?ってな印象かもですね(笑)
このえげつないショットに感嘆したのはもちろんのこと、
鮮明かつ磯6400の素?でこれかいっ!と嫉妬するほどのトータルノイズの少なさに尚感嘆しております。
Commented by りゅう at 2010-05-31 21:21 x
土曜日はお疲れ様でした。
精度ばつぐんの津上さん予報で3万円の価値ある遠征ならぬ帰省になりましたw


このドーナツ現象ちらっとお話しましたが、不完全燃焼を起こしやすい条件で見られるようです。

・タキシングでターンするとき
・TO/GAスイッチが入った瞬間
・離陸推力から上昇推力に切り替わる瞬間

等、
エンジンがスタビライズしていないときよく萌えますじゃなくて燃えます。
Commented by ユニコーン at 2010-05-31 21:50 x
こんばんはです。
っちゅうことは、いつも同じ機種であろう40便が、必ずなる訳ではないわけですね。
こりゃ、また千里川に通わないけませんね~。
4発ですとさらに豪快なんでしょうね…。
Commented by airplanebug at 2010-06-01 19:14
エディさん、まいど。
そうやね、航空会社のカレンダーには絶対使われまへんな、これ。
画は、素じゃありません。
ノイズは、後から消しています。
このカメラは、低ノイズもさることながら、これだけ暗いところでも階調豊富に色が残っているところがスゴイと思います。

りゅう君、解説サンキュー。
777-300以外でも時々散発的に赤くなるのは、こういうメカニズムが働いているのか。ふむふむ。

ユニコーンさん、賛成。
4発でこのシーンを見たいもんです。
千里川の夜は熱い!
<< 国際線の香り これはエゲツナイ >>