トライスターが飛んでいた頃

c0146215_21261261.jpg

1979年、やっと伊丹もワイドボディ時代の仲間入り。

c0146215_21271272.jpg

DC10に比べると優しい姿勢でギアアップ。

c0146215_21281657.jpg

14Rのファイナル。中村地区で。

c0146215_2129324.jpg

カタログ写真みたいな瑞ヶ池ターン。

c0146215_21293677.jpg

この豪快離陸シーンを見たくて熊本へ行ったのでした。普段、32の伊丹では撮れないアングル。

c0146215_2131677.jpg

翼端からかすかにベイパーを引くトリトンブルー。

c0146215_21315285.jpg

華やかだった国際線機材をバックに転がるL1011。

c0146215_21325659.jpg

見慣れた千里川ショット。
[PR]
by airplanebug | 2008-11-15 21:33 | なつかしの画像 | Comments(8)
Commented by skybridge_photo at 2008-11-15 21:59
遠征より帰還しましたぁ~
トリトントライスターのベイパー,なんかムッチャ懐かしい気がします。
実際には,トライスターの現役時代って知らないのですが・・・

千里川って,いつまで車で入れたのでしょう??
Commented by らく at 2008-11-15 23:10 x
こんなに貴重な写真達を、惜しげもなく次々と・・・(笑)
いつもありがとうございます。

さすがにトライスターは見なくなりましたね。
垂直尾翼周りの曲線あたり、つい最近の設計のように感じます。
787、早く飛ばんかな?
Commented by すいか at 2008-11-15 23:18 x
そうそう、昔は千里川のエンドに車で入れた!!
もう、20年以上前かぁ・・・
Commented by タクヤ at 2008-11-15 23:49 x
今は貴重なショットでも、
少し前は何のヘンテツもないフツウの光景なんですよね。

トリトンも非常に優雅で綺麗ですが、
2・5枚目がお気に入りです^^
いかにも飛んでる感じでいきいきしていますよ。
エルテンに限らず、こんな迫力ショットが撮れる空港はずっとそのままにしてほしいですよね。

貴重なショットをありがとうございます!
Commented by 梶やん at 2008-11-16 09:27 x
えるてん、なんだか物凄くノスタルジックでそれでもロマンあふれるフレーズ。
伊丹ではDC10の影に隠れやや存在感の薄いものでしたし、私もDC10niレンズを向けがちでした。
女性的なラインを持つ独特のシルエットは、それでも多くのファンを魅了した。

とりわけエンジンスタートの「ヴゥゥ~~ン!!」という独特のノイズは素晴らしいものでした。

つがみさんの平常ショット、例えていえば「通常切手」。
よほどの収集家で無いと取って置かない変哲の無いアイテム。
それゆえに時を経るごとにその価値は計り知れない物へと変貌します。

不断の空港への愛情がもたらした貴重なポジの数々、多くの航空関係機関の財産と言えるでしょう。
Commented by おっくん at 2008-11-16 14:29 x
つがみさま、こんばんは。

エルテンの華やかな時代。この機体と青社の塗装は何故かマッチしますね。
本当に個性的な3発機でと個人的にはフォルムはテンやイレブンより好きです。
青社初のワイドボディ機そして安全を猛アピールした名機だったそうですね。
スーパージャンボの導入で主役を降り、B6の登場で放出開始。
長い滑走路と燃費の関係でエルテンからB6の状況は今の744からセブンや787へという形に似ていますね。

エルテンは引退1年前に初めて出会ったので伝説でしか聞くことが出来ません。
しかし初めての伊丹訪問で初めて見たときのエンジン音はまた個性的でした。

古きよき写真しかも14Rもと有難うございます。
Commented by blueskai at 2008-11-16 21:54 x
つがみさん、こんばんは。貴重なトライスターの写真、見とれさせて頂きました。あの独特のロールスロイスエンジンのサウンドと独特のダブルアンコロ?の姿が蘇ります。それにしても最近の週末は何だか空模様が冴えないですね、、、。
Commented by つがみ at 2008-11-17 00:36 x
たくさんメッセージをいただきました。エルテンは、人気者やな。
 H.Masuiさん、遠征おつかれでした。
トライスター知らんの?気の毒ですなー。
青社飛躍の原動力になったシップ。
 らくちゃん、まいど。惜しいもなにも絵はがき写真でんがな。
垂直尾翼まわりのデザイン、凝ってますね。
隅から隅まで凝った設計なんだそうです。
商売敵のDC10の直線的なデザインと好対照でした。
 すいかさん、まいど。お元気そうで。
車で入れたころがなつかしいですね。
 タクヤさん、おおきにです。2、5枚目ですね。
ぼくの定番ショットです。飛行機は飛んでる姿が美しい。
 梶やん、サンキューです。「通常切手」!なんと的確な表現。
その通りですわ。
ぼくは、DC10よりエルテンの方が気合いが入りました。
 おっくん殿、L1011は短命で終わったので、名機と言えるかどうかわかりませんが、ほんまにモヒカンが似合いました。
 blueskaiさん、こんばんは。そうそうRRエンジンの独得の音。
いまでも思い出されます。エンジンスタートでは、重低音とともにオイルの焼けた煙が上がるのが儀式みたいでした。
<< 予告 エアポートホテル復活 >>